medigle

メディグルで検索システムの管理保守などの業務をスリム化

メディグル

導入事例

地域医療連携システム「メディグル」を導入された
病院様の活用事例をご紹介

2021.10.12

メディグルで検索システムの管理保守などの業務をスリム化

メディグルで検索システムの管理保守などの業務をスリム化

宮城県仙台市にある仙台オープン病院様は全国初の地域医療支援病院として承認を受けた病院として地域医療の中核を担っています。オープン・システムの診療体制をとり、CTやMRIなどの高度医療機器や入院病床等を地域のかかりつけ医に開放して良質な医療を提供しておられます。

仙台オープン病院様がメディグルを導入された経緯や、導入による連携業務の変化、今後の展望について、地域医療連携室の金森様にお話を伺いました。

導入前の課題

・属人的な営業管理で情報が点在していた
・登録医情報の保守管理コストがかかっていた
・独自で構築したかかりつけ医検索システムの利便性に課題があった

導入後の効果

・どのスタッフでも難なく使えるシステムで利便性向上
・定期更新されるデータベースにより管理コストを削減
・訪問活動の履歴を一元管理し、情報の均一化を図れた

ー 「メディグル」の導入を決められた理由について教えてください。

金森様:以前の当院HP上にあったかかりつけ医検索システムでは、地図上からは施設を検索できないなど、正直使い勝手があまり良くありませんでした。
登録医が地図上でまとめて見られる・検索できる点は、やはりメディグル最大のメリットかなと思います。
一度登録医の設定をしてしまえば、施設の情報などは定期的に更新してくれるので、メンテナンスが簡単になる点も導入するメリットだと思いました。

現在のメディグルのご活用状況を教えてください。

 

金森様:逆紹介先の選定と訪問活動の情報共有にメディグルを利用しています。

外来担当の医師から逆紹介を依頼され、登録医の中で住所や診療科目の条件に合う施設を探す事があります。

以前はインターネット検索で複数のホームページやポータルサイトから施設を検索していましたが、メディグルを利用してからは医科歯科のデータベースで簡単に逆紹介先を選定することができるようになりました。


また、訪問活動の状況・情報・進捗をメディグル内に記録しています。

訪問活動の情報を見える化できたことで、開業医からのご意見をを取りこぼすことも無くなりましたし、紹介数に変化があった施設や医師と同行して訪問をした施設の記録を遡ったりして確認をしています。

ー 実際にメディグルを使ってみて、操作感や効果はいかがでしたか?

金森様:電子機器に慣れてない人でも抵抗感がなく、使いやすい印象があり、年配の担当者も問題なく操作を行えています。
HP上の登録医のメンテナンス業務も、これまで業者に頼んでいたのですが、メディグルは無料で利用できるので管理コスト低下にも繋がりました。

ー 仙台オープン病院様が連携強化のために行っていらっしゃる営業・広報の取り組みやこの先実現していきたいことを教えてください。
 

金森様:コロナ禍のため多くの施設へ訪問は行えていませんが、アポイントをとり訪問をさせていただいている現状です。
紹介件数が多いような施設へは、半年~1年に1度なるべく院長や室長などと共に訪問をしています。

当院は顔の見える関係というのを大事にしているので、一昨年はだいたい全230件の内の3分の1は医師と同行で訪問をしました。訪問時には、打ち出していきたい診療科の情報や専門的な治療の例を伝えることが多いです。
紹介件数が少ない、これまで無いような施設へは、まず検査や診療でどういったことができるのか等基本的な情報を伝えています。

当院のHPや広報誌で伝えきれない部分を補えるように、3か年の紹介件数をまとめた資料を作成して行くこともあります。
今後は診療科ごとの治療実績をまとめたりするなどより専門的な情報発信を強めていきたいですね。

ー 今後も貴院の情報発信強化に関してもご提案させていただければと思います。
本日はお忙しい中貴重なお話ありがとうございました!

仙台オープン病院
所在地:仙台市宮城野区鶴ヶ谷5丁目22番1
病床数:一般病床330床(うち人間ドック10床、救急専用37床)
仙台オープン病院様のホームページはこちら